読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

choco2gou’s blog

ハンドメイドに関するもやもや・日常生活に対するもやもやを吐き出すいわゆる裏ブログです。

初心者のハンドメイドコンサル体験:そもそも師事する先生が違うんだよ

チョコ2号です。

 

私があまり考えずにコンサルを受けてしまったのは、周知の事実です。

 

たぶん、他の人も私と同じ。

 

コンサルに来る人は、ハンドメイドを仕事にしたい人です。当然ながら。

じゃなきゃ来ないよね~。

 

コンサルに来る生徒さんたちの中には、講師を目指している、または、講師をやっている方も多いです。

 

 

ママでもできる! 生徒さんが途切れない おうち教室をはじめる本

ママでもできる! 生徒さんが途切れない おうち教室をはじめる本

 

 

 

その生徒さんたちが、目指している理想の先生像って、本屋の手芸コーナーに行くと本が何冊も置いてあるような、有名先生だと思うんです。

カルチャーとかで講座をたくさん持っていて、デパートの催事に出店して、生徒もたくさん・・・みたいな。

 

だけど、そういう先生になりたいと思っている人は、コンサル先生のところに行っても無駄ですよ。

 

特に、古くからあるようなジャンルで、大きな協会があるようなところはね。

 

なぜなら、コンサル先生は、デザインの指導もできないし、コネクションも持っていないからです。

 

デザインの重要性は、当然ですが、コネもかなり重要。

コネがなきゃ認めてもらえないジャンルもあります。

 

行くのであれば、そのジャンルで有名で、かつ、生徒の育成に力を入れている先生のところに習いに行くべきでしょう。

 

先生によっては、生徒に活躍されるのを嫌がる先生もいらっしゃるようなので、そういう先生のところにはいかないように・・・まあ、そのへんは情報収集してください。

 

その先生の下で修業(?)をし、認められれば、先生をやらないか、とか、お教室で使うキットをデザインしてみないか、とか、デパートで作品を売ってみないか、とか、色々お声がかかる可能性があります。

 

現に、私ですらお声がけいただいています。

 

コンサル先生にしろ、有名先生にしろ、どちらも100%ではありません。

 

ですが、どちらの方が実現可能性が高いでしょうか?